【ラズベリーパイ3】PythonでLED点滅制御

この記事では、ラズベリーパイ3とPythonを用いて、LEDの点灯・消灯の制御をする方法をソースコード付きで解説します。

LED点滅制御

Raspberry Pi 3(ラズベリーパイ3)では、Pythonと「GPIO.output」を用いることで、GPIO出力を行うことが出来ます。
今回は、それを用いてLED点灯制御を試してみました。

回路構成

回路構成です。

【使用機器】
ラズベリーパイ3 ×1
LED ×1
抵抗(470Ω) ×1
ブレッドボード ×1
・ジャンパーワイヤ(メス-オス) 数本

【概要】
GPIO14ピンでLEDを制御します。
そのため、LEDのアノード側(長い方)をGPIO14ピン、カソード側(短い方)をGNDピンへ接続しています。
また、間に470Ωの抵抗を挟んで電流値を調整しています。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。
LEDがピカピカ点滅しました。

【関連記事】
【ラズベリーパイ3】Pythonで電子工作
Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!