【Python】SQLiteデータベースを操作する方法まとめ

Python標準ライブラリ「SQLite3」を使ってデータベースを操作する方法とソースコードについて入門者向けに紹介します。

SQLiteは、サーバーなしに単独で動作させることが出来るデータベースです。
小中規模の手軽なデータベースの作成に用いられます。
Pythonでは、標準ライブラリ「SQLite3」を使うことでSQLiteのデータベースを操作することが出来ます。

【基本操作】データベースの作成、データ追加、更新、削除、表示

PythonでSQliteのデータベースを操作する方法について解説します。
データベースの作成~データ追加、更新、削除、表示のやり方は以下のとおりです。


項目 概要
DB接続 sqlite3.connectメソッドでDBに接続します。
テーブル作成 executeメソッドで「CREATE TABLE文」を実行することでテーブルを新規作成します。
データ追加 テーブルにデータ追加(レコード登録)を行うには、executeメソッドでINSERT文を実行します。
データ追加(複数行) テーブルに複数行のデータ追加(レコード登録)を行うには、executemanyメソッドでINSERT文を実行します。
データ取得 テーブルからデータを取得するには、executeメソッドでSELECT文を実行します。
データ更新 テーブルのデータ(レコード)更新を行うには、executeメソッドでUPDATE文を実行します。
データ削除 テーブルのデータ(レコード)削除を行うには、executeメソッドでDELETE文を実行します。
SQL文の基礎 SQL文の基礎について解説します。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...
Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました