Scikit-imageで画像処理入門(使い方)

この記事では、Pythonと「Scikit-image」で画像処理を行う方法について入門者向けに使い方を解説します。

Scikit-imageとは

Scikit-imageはPython向けの画像処理ライブラリです。
基本的な画像変換から特徴抽出などOpenCVと似たような機能が多いです。
scikit-imageの利点は次の通りです。

①他のライブラリ「NumPy」「SciPy」「Pandas」「Matplotlib」とやり取りしやすい
②ドキュメントが充実している
③機械学習ライブラリscikit-learnと組み合わせやすい

画像処理と機械学習アルゴリズムを組み合わせたい場合は、OpenCVよりもこちらの方がいいかもしれません。
Scikit-imageの使い方について、項目別に下記にまとめました。

はじめに

項目
環境構築 インストール方法①, インストール方法②(pip編)
動作テスト 画像の読み込み・表示

色空間

項目
色変換 グレースケール変換, HSV変換

シェア&フォローお願いします!