【Python】SQLite3でデータ(レコード)削除

スポンサーリンク

Pythonライブラリ「SQLite3」を用いて、データベースでデータ(レコード)削除する方法とソースコードについて紹介します。

スポンサーリンク

データ(レコード)削除

Python標準ライブラリ「SQLite3」では、executeメソッドでクエリ(SQL文)を実行できます。
テーブルにデータ(レコード)削除を行うには、executeメソッドでDELETE文を実行します。

【書式】
execute(SQL文)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

【使用したDBファイル】
sarvant.db
【Python】SQLite3で複数行のデータ追加(レコード登録)で作成したもの

【DELETE文】
DELETE FROM テーブル名 WHERE カラム名 = 削除するデータ;
※指定したテーブルのカラムにあるデータを削除

ソースコード

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

(‘artoria’, 11221, 15150)
(‘artoria alter’, 10248, 11589)
(‘artoria lily’, 7726, 10623)
(‘artoria lancer’, 10995, 15606)
(‘artoria lancer alter’, 9968, 11761)
(‘artoria swimwear’, 11276, 14553)
(‘artoria santa alter’, 9258, 11286)
(‘mystery heroine x’, 11761, 12696)

nameが「mystery heroine x alter」のレコードを削除できました。

【関連記事】
PythonでSQLite3操作
Python入門 サンプル集

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!