【Python】SQLite3でデータ取得

Pythonライブラリ「SQLite3」を用いて、データベースのテーブルにあるデータを取得する方法とソースコードについて紹介します。

## データ追加(レコード登録)

Python標準ライブラリ「SQLite3」では、executeメソッドでクエリ(SQL文)を実行できます。
テーブルにデータ追加(レコード登録)を行うには、executeメソッドでSELECT文を実行します。

【書式】
execute(SQL文)

## ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

# -*- coding: utf-8
import sqlite3

# データベース開く
db = sqlite3.connect('sarvant.db')
c = db.cursor()
# テーブル作成
c.execute('create table artoria (name text, atk int, hp int)')

# データ追加(レコード登録)
sql = 'insert into artoria (name, atk, hp) values (?,?,?)'
data = ('artoria',11221,15150)
c.execute(sql, data)

# コミット
db.commit()

# データ(レコード)取得
sql = 'select * from artoria'
for row in c.execute(sql):
    print(row)

# クローズ
db.close() 

【SELECT文】
SELECT カラム名 FROM テーブル名
※指定したテーブルのカラムにあるデータを抽出
※カラム名を*にすると全てのカラムを指定

## 実行結果

サンプルプログラムの実行結果は下記の通りです。

(‘artoria’, 11221, 15150)

【関連記事】
PythonでSQLite3操作
Python入門 サンプル集

Python
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました