Pythonで株価予測・分析

スポンサーリンク

この記事では、プログラミング言語Pythonを用いて、株価を分析・予測する方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

Pythonとは

Pythonは欧米で人気なスクリプト言語です。
初心者にも扱いやすい言語で短くて読みやすいコードを書くことが出来ます。
統計処理や機械学習系の数値計算ライブラリが豊富なのが特徴です。

今回はPythonの数値計算ライブラリを活用して株価の分析と予測を行ってみます。

株価の分析・予測

環境構築

Pythonの環境構築方法や基本的な使い方は以下にまとめました。
バージョン種類:Python2と3の違い
環境構築①:Python2.7編, Python3.5編, WinPython編, Anaconda編, Python(x, y)編,
環境構築②:Try Jupyterの使い方
基本文法:Python3入門 サンプル集

株価データの取得

jsmライブラリ:インストール, 日本株取得, jsm公式
Pandas-datareaderライブラリ:インストール, 株価取得

NumPyによる分析

Pythonの最もメジャーな数値計算ライブラリNumPyを用いた株価分析について紹介します。
準備:NumPyインストール, NumPyの基本的な使い方
移動平均線:作成, 保存, GC・DC
周波数解析:フーリエ変換
多変量解析:回帰分析, 重回帰+MA①, 重回帰+MA②, 単回帰+MA
jsmと連携:GC・DC
※jsmモジュールと連携することで、株価データをネット上から自動取得できます。(CSVファイルの用意が不要になります)

Pandasによる分析

準備:インストール
チャート:ロウソク足
相関:移動相関
移動平均線:作成, ボリジャーバンド, GC・DC, 保存

Scikit-learnによる分析

準備中

TensorFlowによる分析

準備中

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!