【Python/SymPy】行列の記号計算(和・差・積)

Pythonモジュール「SymPy」で行列の記号計算(和・差・積)をする方法をソースコード付きで解説します。

行列の記号計算(和・差・積)

NumPyでは、xやy等の変数を含んだ行列計算は出来ませんが、Pythonモジュール「SymPy」ではできます。
やり方は、Matrixで行列を定義する前に変数を「Symbol」で宣言しておくだけです。
今回はこれを用いて変数を含む行列の和・差・積を計算しました。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-

x = Symbol("x")
y = Symbol("y")
A = Matrix([[1,1], [1,1]])
B = Matrix([[1,x], [y,1]])

print(A+B) # Matrix([[2, x + 1], [y + 1, 2]])
print(A-B) # Matrix([[0, -x + 1], [-y + 1, 0]])
print(A*B) # Matrix([[y + 1, x + 1], [y + 1, x + 1]])
関連ページ
1 【Python/SymPy】記号計算入門Python入門 基礎文法とサンプル集
関連記事