【Python/SymPy】記号計算入門

Pythonモジュール「SymPy」で記号計算する方法をソースコード付きで入門者向けにまとめました。

【SymPyとは】インストール方法

Pythonモジュール「SymPy」とは、Matlab風の記号計算モジュールです。
例えば、以下のような関数f(x)=0となるときのxの値を求めたりできます。

【例】
f(x) = x2+3x+2=(x+2)(x+1) = 0
x = −2,−1

【サンプルコード】


動画解説

本ページの内容は以下動画でも解説しています。

インストール方法

「SymPy」はpipを使ってインストールできます。

pip install sympy 

【基礎】SymPyの基本操作

SymPyの基礎的な使い方について下記に整理しました。

SymPyの基礎
関数の定義・計算 関数の定義、値の代入、傾きと解の計算を行います。
方程式 方程式の解
数式 数式の簡約化多項式展開・因数分解
微積分 微積分
極限 関数の極限
展開 テイラー展開
行列 行列計算(和・差・積)行列の微積分
SymPyの参考文献
公式 SymPy Tutorial
関連 Python入門 基礎文法とサンプル集

コメント

タイトルとURLをコピーしました