【Python】Twitter APIを操作

PythonでTwitter APIを操作する方法をソースコード付きでまとめました。

【はじめに】Twitter APIとは

Twitter APIとはプログラムからTwitterを操作するための便利なAPIです。
Twitter APIを利用することで、Pythonから自動でツイートしたり、他の人のツイート等を収集したりできます。

【準備物】アプリケーション登録、requests-oauthlibのインストール

TwtterAPIをPythonから利用するために「アプリケーション登録」「requests-oauthlibのインストール」を行います。

① 「TwitterAPIのアプリケーション登録」を行います。

② 以下のpipコマンドでrequests-oauthlibをインストールします。

pip install requests requests-oauthlib

【ログイン認証】タイムラインの情報

アプリケーション登録したTwitterアカウントにログインし、タイムラインを取得します。

import json
from requests_oauthlib import OAuth1Session #OAuthのライブラリの読み込み

CONSUMER_KEY = "**************"
CONSUMER_SECRET = "**************"
ACCESS_TOKEN = "**************"
ACCESS_TOKEN_SECRET = "**************"
twitter = OAuth1Session(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET, ACCESS_TOKEN, ACCESS_TOKEN_SECRET) #認証処理

url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json" #タイムライン取得エンドポイント

params ={'count' : 5} #取得数
res = twitter.get(url, params = params)

if res.status_code == 200: #正常通信出来た場合
    timelines = json.loads(res.text) #レスポンスからタイムラインリストを取得
    for line in timelines: #タイムラインリストをループ処理
        print(line['user']['name']+'::'+line['text'])
        print(line['created_at'])
        print('*******************************************')
else: #正常通信出来なかった場合
    print("Failed: %d" % res.status_code)
関連記事
1 【Python】Webスクレイピング入門(BeautifulSoup4編)
2 【Python入門】使い方とサンプル集
Python
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました