【Python/urllib】日本語含むHTML取得

Python標準ライブラリ「urllib」を用いて、URL先のHTML(日本語含む)を取得する方法とソースコードについて紹介します。

HTML取得

Python3の標準ライブラリ「urllib」では、urlopenメソッドでURLを開き、readメソッドでHTMLを取得できます。
取得したデータの日本語文字列を文字化けさせずに出力するには、decodeメソッドでバイト文字列(UTF-8)からStr文字列に変換します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8
import urllib.request

def main():
    # url先のHTMLファイルを開く
    data = urllib.request.urlopen("https://algorithm.joho.info/" )

    # HTMLの取得      
    html = data.read()
    html = html.decode('utf-8')
    
    # 表示
    print(html)
    
    # HTMLファイルを閉じる
    data.close()

Python2の場合

import urllib2
data = urllib2.urlopen(url)

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

b'<!DOCTYPE html>\r\n<html lang="ja">\r\n<head>\r\n<meta charset="UTF-8"・・・・・・
関連記事
1 PythonでHTML解析(パース)
2 Python入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!