【Python】電線の電圧降下(ドロップ電圧)を計算

Pythonで電線の電圧降下(ドロップ電圧)を計算する方法についてソースコード付きでまとめました。

【Python】電線の電圧降下(ドロップ電圧)を計算

電線における電圧降下(ドロップ電圧)は、電線の断面積、長さ、電流、配電方式から以下の簡略式で計算できます。

配電方式 電圧降下eの簡略式
単相2線式もしくは直流 $e=0.0356\times \frac{LI}{A}$
三相3線式 $e=0.0308\times \frac{LI}{A}$
単相3線式
三相4線式
$e=0.0178\times \frac{LI}{A}$
パラメータ 概要
e 電圧降下[V]
I 電流[A]
L 線路のこう長[m](電線を敷設する際の2点間距離)
A 電線の導体断面積[mm²]
関連記事
1 【電線】電圧降下の計算式・簡略式

【サンプルコード】Python3

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import math


# 電線の電圧降下を計算
def calc_drop_voltage(A, I, L, distribution_system="1P2L"):
    
     R = 0.0178 / A

     # 直流もしくは単相2線式     
     if distribution_system == "1P2L" or "dc":
          K = 2
     # 三相3線式
     elif distribution_system == "3P3L":
          K = math.sqrt(3)
     # その他(単相3線式もしくは三相4線式)
     else:
          K = 1

     return K * R * I * L


# 14sqのケーブル、電流50A、長さ10m、配電方式が単相2線式もしくは直流のドロップ電圧を計算
Vd = calc_drop_voltage(14, 50, 10, distribution_system="1P2L")

print("Vd[V] = ", Vd)  # Vd[V] =  1.2714285714285714
関連記事
1 【Python入門】サンプル集・使い方
Python
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました