【SQL文】GRANT句の使い方、WITH GRANT OPTIONをつけた場合の違い、例題

SQL文におけるGRANT句の使い方、WITH GRANT OPTIONをつけた場合の違い、例題についてまとめました。

【はじめに】GRANT句とは

GRANT句は、1人または複数のユーザに表に関する特定の権限を付与します。

GRANT 権限名 ON オブジェクト名
    TO { ユーザ名 | ロール名 | PUBLIC }
    [ WITH GRANT OPTION ] ; 

パラメータ|概要
権限名|付与したい権限名(SELECT,UPDATE,DELETEなど)。「ALL PRIVILEGES」だとGRANT OPTION以外のすべての権限を付与。
WITH GRANT OPTION|付与権限(権限を付与する権限)も付与できる

【例題】

●SQL文1

GRANT ALL PRIVILEGES ON A TO B WITH GRANT OPTION

●実行内容1
A表に対するすべての権限をBに付与し、さらにA表の権限を別ユーザに与える権限もBに付与する

【SQL文入門】基本的な使い方まとめ
SQL文の基本的な使い方まとめについて紹介します。
【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。なお、情報処理技術者試験の出題分野別(テクノロジ系、マネージメント系、ストラテジ系)に各項目を整理しています。そのため、ITパスポート、基本情...

コメント

タイトルとURLをコピーしました