【Windows10】VNCでラズベリーパイ4をリモートデスクトップ操作

Windows10からVNCでラズベリーパイ4をリモートデスクトップ操作する方法について入門者向けにまとめてみました。

【VNC】ラズベリーパイ4をリモートデスクトップ操作

Windows10からラズベリーパイ4をリモートデスクトップで操作すると、モニタ、マウス、キーボードなしで使うことができ大変便利です(ラズパイ4本体と電源だけの最小構成で利用できます)。

リモートデスクトップのやり方はいくつかありますが、最も簡単で使いやすいのがVNCを使う方法です。

● ラズパイ側(Raspberry Pi OS:Raspbian)で[ラズパイアイコン] -> [設定] -> [Raspberryの設定]をクリックします。

● [インターフェイス]タブを開き、[VNC]を有効にして再起動(reboot)します。

● 再起動すると、タスクバーの右側に[VNC]アイコンが表示されます。
アイコンをクリックすると、ローカルIPアドレス(上画像の例だと192.168.128.5)が表示されるのでメモしておきます。

● Windows側で公式ページ(https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/)を開き、[Download VNC Viewer]をクリックしてダウンロード&インストールします。

● VNC Viewerを起動し、アドレスバーにラズパイのローカルIPアドレスを入力します。

●ラズパイ側のユーザー名とログインパスワードを入力します。
(※デフォルトはユーザ名が「pi」、パスワードが「raspberry」です)
Remember passwordにチェックを入れると入力値が保存され次回以降は自動ログインできます。

● 接続が成功すれば、ラズパイ側のデスクトップ画面が表示されリモートデスクトップ操作できます。

【VNC】Windows10・Macにインストール
VNCをWindows10・Macにインストールする方法について入門者向けにまとめてみました。
【ラズベリーパイ4入門】基本設定~応用例
ラズベリーパイ4(Raspberry Pi4)の設定方法について入門者向けにまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました