【python-control】状態空間モデルの作成

Pythonの制御工学モジュール「python-control」を用いて、状態空間モデルを作成する方法を紹介します。

状態空間モデルの作成

python-controlの「control.ss」メソッドを用いると、Matlabのss関数のように簡単に状態空間モデルを定義・作成できます。

ソースコード

状態空間モデルを作成するサンプロプログラムのソースコードです。

from control.matlab import *

A = "0 1; -1 -1"
B = "0; 1"
C= "2 0"
D = "0"

# 状態空間モデルの作成
sys = ss(A, B, C, D)
print(sys)

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。
状態方程式の行列A, B, C, Dが定義されていることがわかります。

A = [[ 0  1]
 [-1 -1]]

B = [[0]
 [1]]

C = [[2 0]]

D = [[0]]
参考文献
python-controlドキュメント ssメソッドの使い方
Matlabドキュメント ss関数の使い方

※python-controlはMatlab風ライブラリなので、Matlabの資料が役に立ちます

関連記事