【python-control】伝達関数モデルの作成

Pythonの制御工学モジュール「python-control」を用いて、伝達関数モデルを作成する方法を紹介します。

伝達関数モデルの作成

python-controlの「control.tf」メソッドを用いると、Matlabのtf関数のように簡単に状態空間モデルを定義・作成できます。

【参考文献】
・python-controlドキュメント:tfメソッドの使い方
・Matlabドキュメント:tf関数の使い方
※python-controlはMatlab風ライブラリなので、Matlabの資料が役に立ちます

ソースコード

状態空間モデルを作成するサンプロプログラムのソースコードです。

実行結果

伝達関数G=1/(s+3)を作成できました。

1
—–
s + 3

シェア&フォローお願いします!