【Swift】Packageでエラーが出た場合の対策

UbuntuでSwiftのパッケージを作成する際にエラーが出た場合の対策について紹介します。

Packageでエラーが出た場合の対策

Swiftでパッケージを作成しようとするとエラーが出る場合があります。
■コマンド

swift package init --type executable

■エラー

/usr/local/swift/usr/bin/swift-package: error while loading shared libraries: libcurl.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

その場合は、「curl」「libcurl3」をインストールすることで解決できました。

sudo apt-get install curl libcurl3
関連記事
1 【Swift入門】使い方・サンプル集
2 【Swift入門】iOS/iPhone/iPadアプリ開発
関連記事