【Unity】Assets内に作るフォルダ名のルール

UnityのAssets内に作るフォルダ名のルールについてまとめました。

Assets内に作るフォルダ名のルール

UnityのAssetsフォルダ内にスクリプト用やオブジェクト用のフォルダを作る歳、フォルダ名は次のようにするのが一般的です。

フォルダ名 用途
Scenes シーンを置くフォルダ
Scripts スクリプト(.csなど)を置くフォルダ
Textures テクスチャ画像を置くフォルダ
Prefabs 繰り返し使用するオブジェクト(Prefab)を置くフォルダ
Animations アニメーションを置くフォルダ
Materials マテリアルデータ(オブジェクトの色等を設定するもの)を置くフォルダ
Physics Materials 物理エンジンで使用するPhysics Materialsを置くフォルダ
Fonts フォントデータを置くフォルダ
Audio BGMやSEなどの音楽ファイルを置くフォルダ
Plugins プラグインを置くフォルダ
Resources Resources.Loadで読み込むファイルを置くフォルダ
Editor エディタ拡張用スクリプトを置くフォルダ
関連記事
参考 【Unity入門】ゲームプログラミング編【Unity入門】物理シミュレーション編【C#入門】サンプル集
関連記事