【Unity】ボールを自由落下させて地面で跳ね返るシミュレーション

Unityでボールを自由落下させて地面で跳ね返るシミュレーションの作り方について入門者向けにまとめました。

ボールの自由落下&地面で跳ね返り

ボールを自由落下させて地面で跳ね返るシミュレーションをUnityで作ってみます。
完成すると次のようなシミュレーションが実行できます。

完成版プロジェクトのファイル:FallBall.zip

床の作成・物理特性(跳ね返り)の設定

①3Dオブジェクトの「Cube」で床を作成します。
「Cube」の設定は下記の通り。

X Y Z
Scale 10.0 0.1 10.0
Position 0.0 0.0 0.0

参考:【Unity】Cube(立方体)の作成・マテリアル設定

②作成した「床」「ボール」に次のような[Physic Material]を追加します。

パラメータ
Bounciness(弾性係数) 0.8
Dynamic Friction(動摩擦係数) 0

参考:【Unity】物理特性マテリアル「Physic Material」の使い方

ボールの作成・物理特性(重力)の設定

①3Dオブジェクトの「Sphere」でボールを作成します。
「Sphere」の設定は下記の通り。

X Y Z
Scale 1.0 1.0 1.0
Position 0.0 5.0 0.0

参考:【Unity】Sphere(球体)の作成・マテリアル設定

②作成したボール(Sphere)の[Rigidbody]で[Use Gravity]のみにチェックを入れます。

参考:【Unity】Rigidbodyをオブジェクトに設定

関連記事
参考 【Unity入門】ゲームプログラミング編【Unity入門】物理シミュレーション編【C#入門】サンプル集
関連記事