【Unity】Hinge Jointコンポーネントの使い方

UnityのHinge Jointコンポーネントの使い方について入門者向けにまとめました。

Hinge Jointコンポーネント

「Hinge Jointコンポーネント」とは、2つのオブジェクトをつなぐヒンジの役割をする機能です。

プロパティー 説明
Connected Body ジョイントが依存するリジッドボディ。
Anchor ヒンジの中心軸の位置
Axis ヒンジの中心軸の方向
Auto Configure Connected Anchor 軸を自動的に計算。
Connected Anchor 接続されたアンカーの位置。
Use Spring スプリング機能の有効・無効。
Spring ばねの弾性係数(オブジェクトがある位置に移動するための力)。
Damper ダンパーの減衰係数(値が大きいほど、オブジェクトの速度は低下)。
Target Position スプリングの対象への角度[deg]。
Use Motor モーター機能の有効・無効。
Target Velocity 目標回転速度。
Force 回転力。
Free Spin ブレーキを有効にするかの真偽。
Use Limits ヒンジの回転角度の制限機能。
Min ヒンジの最小回転角度。
Max ヒンジの最大回転角度。
Bounciness 最小 or 最大角度に到達した際にオブジェクトに発生させる弾性力(跳ね返り)
Contact Distance 微弱な振動を防ぐための接触制限距離。
Break Force ヒンジ接続が解除される力。
Break Torque ヒンジ接続が解除されるトルク。
Enable Collision ジョイントで接続されたボディ間の衝突が可能。
Enable Preprocessing 収拾のつかない動きが起こりにくくなる。
関連記事
参考 【Unity入門】ゲームプログラミング編【Unity入門】物理シミュレーション編【C#入門】サンプル集
関連記事