【Unity】Rigidbodyをオブジェクトに設定

UnityでオブジェクトにRigidbodyを設定する方法についてまとめました。

Rigidbodyとは

Unityでは、3Dモデルを構成するための部品として「Cube(立方体モデル)」「Sphere(球体モデル)」「Cylinder(円柱モデル)」などが用意されています。
これらを組み合わせて複雑な3Dモデルを構築してきます。

①「Scene」画面内で対象のオブジェクトを選択し、左側の[Inspector]画面にある[Add Component]から[Physics]→[Rigidbody]を選択します。

②必要に応じて下記のパラーメータを設定します。

パラメータ 説明
Mass オブジェクトの質量
Drag オブジェクトが受ける空気抵抗
Angular Drag 回転により受ける空気抵抗
Use Gravity 重力の利用
Is kinematic 物理シミュレーションは適用されないが、スクリプト制御のみで動くことができる
Interpolate フレームの補完などの設定
Collosion Detection 高速に動くオブジェクトのすり抜け防止機能

③基本的な操作方法は以上です。

関連記事
参考 【Unity入門】ゲームプログラミング編【Unity入門】物理シミュレーション編【C#入門】サンプル集
関連記事