【UNIXコマンド】catでファイルの中身表示

UNIXコマンド「cat」でファイルの内容を表示する方法についてまとめました。

ファイルの中身表示

cpコマンドは、ファイルの内容を表示できます。

cat [オプション] ファイル名
オプション 説明
-A 行末、タブ、CRを可視化
-b 行番号を付加して表示(空行には行番号を付けない)
-E 各行末に $ を追加して表示
--help ヘルプ表示
-n 行番号を付加して表示(空行にも行番号を付ける)
-s 連続する空行を1つにまとめる(-n と併用した場合は結果として行番号がずれる)
-T タブを ^I として表示
-v CR (0x0D) を ^M として表示
--version バージョン表示

実行例

コマンドの実行例です。

cat -n test.txt

1 パンツァー フォー
2 戦車前進

上記の例は「test.txt」の中身を行番号を付けて表示しています。

関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事