【Linuxコマンド】chmodでアクセス権限(パーミッション)を変更

Linuxコマンド「chmod」でファイルやディレクトリのアクセス権限(パーミッション)を変更する方法についてオプションと例題付きでまとめました。

【chmod】パーミッションの変更

chmodコマンドは、ファイルやディレクトリのアクセス権限(パーミッション)を設定します。

chmod 権限設定 ファイルパス 

権限設定というところには「755」などの数値が入ります.数値の意味については以下のページで紹介しています.

【パーミッションとは】アクセス権限の種類・設定値の意味
パーミッションとは?アクセス権限の種類・設定値の意味などについてまとめました。

【使用例】chmodコマンド

以下のコマンドを実行するとファイル「test.csv」のアクセス権限は以下のようになります。

chmod 755 test.csv 
権限の区分 設定値 アクセス権限
所有者権限 7 「読込み」「書込み」「実行」すべて可。
グループ権限 5 「読込み」「実行」のみ可。
その他のユーザーの権限 5 「読込み」「実行」のみ可。

【補足】権限設定時の記号一覧

chmod実行時に使用できる設定用記号は以下の通りです。

記号 意味
u 所有者の権限
g グループの権限
o その他のユーザーの権限
a すべての権限
+ 後に記述した権限を付加する
後に記述した権限を削除する
= 後に記述した権限にする
r 読み込み権限
w 書き込み権限
x 実行権限
s セットID
t スティッキ・ビット
引数 内容
-v コマンド実行結果を表示
-c 変更があった場合のみ、実行結果を表示
-R 再帰的に変更
# すべてのユーザーに実行権限を付与
chmod +x test.csv
# -rwxr-xr-x      test.csv

#グループに書き込み権限をその他のユーザーにはすべて禁止
chmod g+w,o= test.csv
# -rwxrwx---      test.csv

#ディレクトリとディレクトリ内のファイル全ての権限を(再帰的に)変更
chmod -R 766 test_dir

# 実行結果を表示させながら実行(vオプション)
chmod -vR 755 test_dir

# 結果が変わらない場合は実行結果の表示なし(cオプション)
chmod -cR 755 test_dir 

【確認】ファイルのパーミッション設定

「ls -l」コマンドでカレントディレクトリ内のファイルのパーミッションを確認できます.

$ ls -l
total 804
drwxr-xr-x 3 root root       4096 Feb 20 08:50 NetworkManager
drwxr-xr-x 2 root root       4096 Feb 20 08:51 PackageKit
drwxr-xr-x 7 root root       4096 Feb 20 09:15 X11
-rw-r--r-- 1 root root       3028 Feb 20 08:48 adduser.conf
drwxr-xr-x 2 root root       4096 Feb 20 09:15 alternatives
drwxr-xr-x 3 root root       4096 Feb 20 08:50 apparmor
drwxr-xr-x 7 root root       4096 Feb 20 08:51 apparmor.d
drwxr-xr-x 3 root root       4096 Feb 20 08:51 apport
drwxr-xr-x 7 root root       4096 Feb 20 08:49 apt
-rw-r----- 1 root daemon      144 Nov 13  2018 at.deny
-rw-r--r-- 1 root root       2319 Feb 25  2020 bash.bashrc 
【Linux】ファイルのパーミッション確認・変更
Linuxにおけるファイルのパーミッション確認・変更についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました