【UNIXコマンド】chmodでアクセス権限(パーミッション)を変更

UNIXコマンド「chmod」でファイルやディレクトリのアクセス権限(パーミッション)を変更する方法についてオプションと例題付きでまとめました。

【chmod】パーミッションの変更

chmodコマンドは、ファイルやディレクトリのアクセス権限(パーミッション)を設定します。

chmod 権限設定 ファイルパス 
パーミンションの基礎についてはこちら
1 【パーミッションとは】アクセス権限の種類・設定値の意味

【使用例】chmodコマンド

以下のコマンドを実行するとファイル「test.csv」のアクセス権限は以下のようになります。

chmod 755 test.csv 
権限の区分 設定値 アクセス権限
所有者権限 7 「読込み」「書込み」「実行」すべて可。
グループ権限 5 「読込み」「実行」のみ可。
その他のユーザーの権限 5 「読込み」「実行」のみ可。

【補足】権限設定時の記号一覧

chmod実行時に使用できる設定用記号は以下の通りです。

記号 意味
u 所有者の権限
g グループの権限
o その他のユーザーの権限
a すべての権限
+ 後に記述した権限を付加する
後に記述した権限を削除する
= 後に記述した権限にする
r 読み込み権限
w 書き込み権限
x 実行権限
s セットID
t スティッキ・ビット
引数 内容
-v コマンド実行結果を表示
-c 変更があった場合のみ、実行結果を表示
-R 再帰的に変更
# すべてのユーザーに実行権限を付与
chmod +x test.csv
# -rwxr-xr-x      test.csv

#グループに書き込み権限をその他のユーザーにはすべて禁止
chmod g+w,o= test.csv
# -rwxrwx---      test.csv

#ディレクトリとディレクトリ内のファイル全ての権限を(再帰的に)変更
chmod -R 766 test_dir

# 実行結果を表示させながら実行(vオプション)
chmod -vR 755 test_dir

# 結果が変わらない場合は実行結果の表示なし(cオプション)
chmod -cR 755 test_dir 
関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
UNIX
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました