【iwlistコマンド】無線LANアクセスポイントのSSIDや周波数チャンネル、電波強度など情報取得

UNIXコマンド「iwlist」で無線LANアクセスポイントのSSIDや周波数チャンネル、電波強度などの情報を取得する方法についてまとめました。

【iwlist】無線LANアクセスポイントの情報取得

iwlisとは、「Wireless tools for Linux」(wireless-tools)に搭載されている、無線LANインターフェースをスキャン/情報収集するためのコマンドです。
端末の周囲で稼働しているアクセスポイントのESSID*を調べたいときや、現在接続しているアクセスポイントの接続レートを確認したいときなどに利用できます。

iwlist [インターフェース名] パラメーター [ESSID] 
項目 説明
インターフェース名 Linuxでは無線LANインターフェース(のデバイス)名は「wlan0」「wlan1」のように「wlan」から始まるのが一般的です。「ifconfig」コマンドや「cat /proc/net/wireless」などで「/proc/net/wireless」の内容を出力すれば、端末周囲にあるインターフェース名を調べることができます。
ESSID Extended Service Set Identifierの略で、IEEE 802.11無線LANにおけるネットワーク識別情報。SSIDの拡張版。
パラメータ 概要
scanning(scan) 周囲のアクセスポイントとアドホック端末を表示
bitrate(rate、bit) アクセスポイントで利用できる帯域を表示
channel(chan、freq) 利用可能なチャンネルの情報を表示
encryption(enc、keys) 暗号化キーのリストを表示
event 指定した無線LANデバイスからスキャン可能な項目を表示
auth 対応するWPA認証方式を表示
wpakeys(wpa) 暗号化キー(WPAキー)を表示
【UNIX入門】コマンド・サンプル集
UNIXコマンド「とそのオプションの使い方についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました