【UNIXコマンド】mvでファイル・ディレクトリの移動・名前変更

UNIXコマンド「mv」でファイル・ディレクトリの移動や名前変更する方法についてまとめました。

ファイル・ディレクトリの移動・名前変更

mvコマンドは、ファイル・ディレクトリの移動や名前変更ができます。

mv [オプション] 移動元 移動先
オプション 説明
-b ファイルを上書きする際にバックアップを作成
-f 無条件に上書き
-i 移動先に同じファイル名がある場合、上書きするか確認
-u 移動先に同名ファイルがある場合、それよりも新しいタイムスタンプを持つファイルでないと移動しない
-v 経過を表示
移動元 移動したい or 名前変更したいファイル名かディレクトリ名を指定
移動先 移動先 or 名前変更後のファイル名かディレクトリ名を指定
mvコマンドのポイント
移動元と移動先の両方にファイル名を指定した場合・・・ファイル名の変更
移動元と移動先の両方にディレクトリ名を指定した場合
(a) 移動先ディレクトリ名だけない場合・・・ディレクトリ名の変更
(b) 移動元・移動先ディレクトリが既にある場合・・・ディレクトリの移動
移動元がファイル名、移動先がディレクトリ名の場合・・・ファイルの移動
※ディレクトリを移動した場合、そのディレクトリ内にあるファイル・ディレクトリも一緒に移動

実行例

コマンドの実行例です。
① ファイル名の変更(file1.txt →file2.txt)

$ mv file1.txt file2.txt

② ディレクトリ名の変更 (dir1 → dir2)
(※コマンド実行前、ディレクトリ「dir1」はあるが、ディレクトリ「dir2」はない)

$ mv dir1 dir2

③ ディレクトリの移動 (dir1, dir2 → dir2/dir1)
(※コマンド実行前、ディレクトリ「dir1」「dir2」が共に存在する)

$ mv dir1 dir2

④ ファイルの移動 (file1.txt, dir1 → dir1/file1.txt)

$ mv file1.txt dir1

※特に②と③はコマンドが全く同じ(前提条件が違う)なので要注意です

関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事