【UNIXコマンド】rmでファイル・ディレクトリの削除

UNIXコマンド「rm」でファイル・ディレクトリを削除する方法についてまとめました。

ファイル・ディレクトリの削除

mkdirは、ファイルやサブディレクトリを削除できます。

rm [オプション] ファイル名 or ディレクトリ名
オプション 説明
-i 削除前に確認
-f 削除前の確認なし
-r ディレクトリと配下のサブディレクトリ・ファイルを削除

ファイル名 or ディレクトリ名は複数指定も可能

実行例

コマンドの実行例です。

① ファイル(file.txt)の削除

$ rm  file.txt

② ディレクトリ(dir)の削除 (dir内にサブディレクトリやファイルがあっても丸ごと削除)

$ rm -r dir

※特に②と③はコマンドが全く同じ(前提条件が違う)なので要注意です

関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事