【UNIXコマンド】tracerouteとオプションの使い方

UNIXコマンド「traceroute」とそのオプションの使い方についてまとめました。

tracerouteコマンドとは

tracerouteコマンドは、相手ホストまでの経路を調べることができる機能です。
(Windowsでは、tracert)
つまり、相手ホストに到達するまでに経由するルータ(ゲートウェイ)の情報がわかります。
それにより、トラブル対応時に経路上のルータのルーティング設定が正しいか確認できます。

tracerouteコマンドのオプション

tracerouteコマンドは通常「traceroute + 宛先IPアドレス」で実行しますが、この後にオプションの値を変えてやることで、設定を変更できます。

tracert[ -d][ -h 最大ホップ数][ -j ゲートウェイリスト][ -w タイムアウト時間] 宛先IPアドレス or ホスト名
オプション 説明
-d 結果に表示するIPアドレスからDNSホスト名への名前解決を行わない
-j 経由すべきゲートウェイ(ルータ)のアドレスを指定(最大9個)
-w タイムアウト時間[ミリ秒]を指定

traceroute試験

①コマンドプロンプトを開きます。

②以下のコマンドを実行します。

tracert www.google.co.jp

③以下のような出力が得られます。

(実行環境はWindows10 64bit)

左端の1から17までの番号は、相手ホスト(google.co.jp)に到達するまで経由したルーターの数(ホップ数)です。
その右にあるms単位の数値3つ往復時間(tracertコマンドを実行したパソコンから途中のルーターにパケットを送って応答が返ってくるまでの時間)です。 そして、その左端にあるのは経由したルーターのIPアドレスです。(最後の行はルーターではなく,あて先のホストのIPアドレス)

このように、コマンド「tracert 対象のIPアドレス(もしくはホスト名)」を使うことで相手ホストまでの経路を調べることができます。

関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事