【Windows10】WSL(Linux)のインストール方法

Windows10でWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする方法についてまとめました。

WSL(Windows Subsystem for Linux)のインストール

WSLの有効化

①[スタート]アイコンを右クリック →[設定]→[アプリと機能]をクリックします。

②[プログラムと機能]をクリックします。

③左側のメニューから[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。
そして、「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて[OK]をクリックします。

④再起動を要求されるので指示に従い再起動します。

Linuxの導入

①再起動が完了したら「Microsoft Store」アプリを起動します。

②「linux」「ubuntu」などと検索するとインストール可能なLinuxディストリビューションの一覧が表示されます。
利用したいものを選んでインストールします。

■写真はubuntuをインストールしている例

③インストールしたLinuxディストリビューションは、スタート画面から起動できます。

④初回起動時、下記のような表示が出ます。
インストールが完了するまでしばらく待ちます。

Installing, this may take a few minutes...

⑤インストールが完了すると、ユーザー名とパスワードの登録が求められます。
好きなユーザー名とパスワードを入力します。

Please create a default UNIX user account. The username does not need to match your Windows username.
For more information visit: https://aka.ms/wslusers
Enter new UNIX username: [ユーザー名]
Enter new UNIX password: [パスワード]
Retype new UNIX password:[パスワード(もう一回)]
passwd: password updated successfully
Installation successful!
To run a command as administrator (user "root"), use "sudo ".
See "man sudo_root" for details.

※補足
Windows Subsystem for Linux (Ubuntu)は、Windowsの下記ディレクトリにインストールされます。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_*\LocalState\rootfs
関連記事
1 【Windows10】WSL(Linux)の使い方
2 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事