【WSLとは】WSL1とWSL2の違いと使い方まとめ

Windows10のWSLとは?WSL1とWSL2の違いと使い方についてまとめました。

【はじめに】WSLとは?WSL1とWSL2の違い

WSL(Windows Subsystem for Linux)とは、Windows10上でLinuxを実行できる機能です。
Microsoft Store経由でアプリのようにLinuxのディストリビューションをインストールできます。
また、コマンドプロンプトからWSLのコマンドを呼び出しできます。

WSLには, WSL1とWSL2があり仕組みが大きく異ります. 本記事では後発でより互換性の高いWSL2について導入方法と使い方を紹介します.
なお, WSL2の特徴は以下のとおりです.

WSL2の特徴

特徴 概要
比較的メモリ消費量が少なく軽量 WSL1よりはメモリを消費しますが, 他の仮想環境ソフトに比べてメモリ消費量が少ないです.そのため, メモリ不足になりにくく, 起動も早いです.
高い互換性 Hyper-Vを利用してLinuxをエミュレーションしているため, WSL1よりも互換性が高くなっています.なお, WSL2に関するHyper-V機能はWindows10 Home版でも利用可能です.ただし, WSL2を使うときは, Hyper-Vを利用した他のソフトウェアは同時に利用できません.
ファイルアクセス速度の向上 仮想ドライブからext4を使用するため、直接やり取り出来るようになり, WSL1よりもアクセス速度が向上しています。

ちなみに, WSL1はLxCore.sys/Lxss.sys(NTカーネルドライバ)がLinuxシステムコールをWindowsシステムコールへ変換することで, Linuxを実行していました。
そのため, WSL1よりも軽量でしたが, 命令の変換自体が完全ではないため互換性はWSL2よりも劣ります.

【基礎】WSLの使い方まとめ

WSL(Windows Subsystem for Linux)の使い方について以下に整理しました。

カテゴリ 概要
WSL2有効化 Windows10のWSL2を有効化して、Ubuntuをインストールする方法についてまとめました.
Ubuntuのバージョン確認 インストールしたUbuntuのバージョンを確認します.
Ubuntuのアップグレード インストールしたUbuntuのバージョンをアップグレードします.
Python環境構築 WSL上のUbuntuでPython環境を構築します.

【トラブル集】

カテゴリ 概要
インストール失敗 apt-get installのエラー対策についてまとめました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました