【VScode】複数のpcで設定を共有(SettingSync)

VScodeのSettingSync機能を用いて、複数のpcで設定を共有する方法をまとめてみました。

【VScode】SettingSyncを使って複数のpcで設定を共有

VScodeでは、拡張機能『SettingSync」を利用することで、VScodeの設定を複数のpcで共有できます。
利用には、無料のGitHubアカウントが必要になります。

● 設定を共有したい全てのVScodeに拡張機能SettingSyncをインストールします。

● VScode上で Alt+Shift+Uでアップロードをする。

● GitHubのページに飛ばされるので、tokenの説明(例:VScode設定共有など)とgistにチェックを入力します。

● ページ下のGenerate tokenをクリックし、生成されたtokenをコピーしておきます。

● VScodeにコピーしたtokenを入力すれば、アップロード情報が出力され、Doneが表示されれば完了。

● 「https://gist.github.com/ユーザー名」に行くとcloudSettingsがあるので選択します。

● cloudSettingsのURLの最後の文字列(https://gist.github.com/ユーザー名/)がGistIDなので保存します。
※”この部分がGistID”

● 設定をダウンロードしたいVScodeへ移動して、Alt+Shift+Dでダウンロードします。

● tokenとGistIDを入力するとダウンロードが始まる。Done表示で完了。

【補足】tokenとGistIDを変更する場合

tokenの変更

● Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを開いてSyncと入力します。

● Advanced Optionsを選択し、続けてEdit Extension Local SettingsでsyncLocalSettings.jsonを開きます。

● “token”:~の部分を変更します。

GitsIDの変更

● setting.jsonを開きます。

● “sync.gist”:~の部分を変更します。

【VSCode入門】インストール~基本的な使い方まで
VSCode(Visual Studio Code)のインストール方法~基本的な使い方までをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました