【Word】校正ツールの使い方まとめ

Wordの校正ツールの使い方についてまとめました。

## 【変更履歴の記録】開始する手順

Wordの校正ツールには、「変更履歴の記録」機能があります。 
変更履歴とは、どのユーザーがどのように修正したかを記録したもので、以下の操作で利用できます。

①[校閲]タブ > [変更履歴の記録] > [変更履歴の記録]をクリックします。

② これで変更履歴の記録が始まります。(変更履歴の記録が薄いグレーになっていれば記録中)
終了する場合はもう一度[変更履歴の記録]ボタンをクリックします。

詳細記事
1 【Word】[変更履歴の記録]を開始する手順

## 【変更履歴の記録】「閲覧モード」から「編集モード」に切り替え

「変更履歴の記録」を行っているWordファイルを他のユーザーが開くと、[閲覧モード]になり、編集できないことがあります。
その場合は、以下の操作で[編集モード]にすることで編集可能となります。

① 画面上部ツールバー >[表示]>[文書の編集]をクリックします。

詳細記事
1 【Word】「閲覧モード」から「編集モード」に切り替え

## 【変更履歴の記録】パスワードをかけてロックする手順

[変更履歴の記録]は、他のユーザーに誤って解除されないようにパスワードをかけてロックできます。

①[変更履歴の記録]>[変更記録のロック]をクリックします。

② パスワードを入力し,[OK]ボタンをクリックします。

これでパスワードを入力しないとロック解除できないようになりました。

詳細記事
1 【Word】パスワードをかけて「変更履歴の記」をロックする手順

## 【変更履歴の表示】表示する手順

①[校閲]タブ > [変更履歴]グループ > 変更内容表示の右側の[▼]ボタン >[シンプルな変更履歴/コメント]を選択します。

② これで、変更がある行の左余白に赤い棒が表示されます。

③ 赤い棒をクリックすると,変更履歴が詳細に表示されます。

詳細記事
1 【Word】変更履歴を表示する手順

## 【変更履歴の表示】特定ユーザーの変更箇所のみ抽出

以下の操作で、特定ユーザーの変更箇所のみ抽出することもできます。

①[校閲]リボン > [変更履歴とコメントの表示]の[▼]ボタンをクリックします。

② プルダウンメニューから[特定のユーザー]をクリックします。

詳細記事
1 【Word】特定ユーザーの変更箇所のみ抽出

③ 変更したユーザの一覧が表示されるので、抽出したいユーザにチェックを入れます。

## 【変更履歴の表示】コメントの挿入・返信

Wordのコメント機能は、付箋のようなメモをWord文書に添えることができます。

① コメントをつける部分を選択します。

②[校閲]>[新しいコメント]をクリックします。

③ すると、右側にコメント記入欄が表示されるので、好きなコメントを入力します。

④ 最後にファイルを保存します。

コメント返信

挿入されたコメントに対して返信を行うこともできます。

① 返答したいコメント欄の下にある[返信]をクリックします。

② 返答コメントを入力します。

③ 最後にファイルを保存します。

詳細記事
1 【Word】コメントの挿入・返信(メモ機能)

## 【変更内容】承諾、元に戻す

承諾する場合

他のユーザが変更した部分を承諾し、反映するには以下の操作を行います。

① [変更記録のロック][編集の制限]を解除します。

② 変更履歴を詳細な表示にしてマウスで変更箇所を選択します。

③[校閲]タブ > [承諾▼] > [この変更を反映させる]をクリックします。

元に戻す場合

変更を元に戻す場合、以下の操作を行います。

①[校閲]タブ > [元に戻す]アイコン→[変更を元に戻す]をクリックします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました