【ハッシュ法】意味・特徴・関数

この記事では、ハッシュ法の意味・特徴・関数について解説します。

ハッシュ法とは

ハッシュ法とは、データ探索方法の1つです。
データの探索キーの値からデータの格納位置をハッシュ関数を用いて直接計算します。
表では、レコードのキー値とハッシュ関数を用いて格納アドレスを求めることでデータにアクセスします。

主な特徴
1 探索回数の少ないデータ探索の場合、線形探索・2分探索より探索時間が短い(メリット)
2 連続したデータ探索の場合、探索時間が長くなる(デメリット)
3 線形探索法や2分探索法とは異なり、常に一定の時間で目的のデータを探索することが可能
4 異なるキー値から同じ格納場所が計算されることがある(本来格納されるべき所に格納できない事態が発生)

計算例

関連記事
1 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事