配列とは?(意味・メリット・変数との違いなど)

この記事では、プログラミングにおける配列の基本的な意味・メリット・変数との違い、使い方について解説します。

配列とは

配列(Array)とは、同じ型のデータを(メモリ上に)一列に並べたものです。
プログラミングでは大量のデータを扱う場合によく用いられます。

変数との違い

変数と配列との違いを住宅で例えると下記の通りです。

【変数】
一軒家のようなものです。
(変数1つ1つにバラバラの住所がある)

上画像の例ならEnglish、Math、Sscienceという3つの世帯(int型のデータ)がバラバラの住所(メモリ番地)に存在します。

【配列】
マンションのようなものです。
(1つの住所に複数の世帯が住んでいる)

上画像ならScoreというマンション(配列)に3つの世帯(int型のデータ)が1つの住所(連続するメモリ番地)に格納されています。

配列の用語

配列でよく使われる用語とその意味は下記の通りです。

【配列要素】
配列内のデータ1つずつのことです。
先程のマンションで例でいうと、Score[0]、Score[1]、Score[2]の中にあるint型のデータを指します、

【添え字】
配列要素を区別するための番号のことです。( [0]、[1]、[2] のこと )
配列番号や要素番号ともいいます。

【要素数】
配列の要素の数です。
下画像の例なら、配列Scoreの要素数は3となります。
(Score[0]、Score[1]、Score[2]の3つあるから)

配列と変数の違い(詳細)

先程は住宅で例えましたが、変数と配列との違いをちゃんと説明すると、「データがメモリ上に一列に並べられているかどうか」です。
変数で複数のデータを扱う場合は、その個数分だけ変数を用意する必要があります。
変数を複数宣言した場合、それぞれの変数はメモリ上にバラバラに配置されます。
一方、配列の場合は、複数のデータをメモリ上に一列に並べることができます。
これにより、各々のデータへ効率よくアクセスできるというメリットがあります。

シェア&フォローお願いします!