クラス・インスタンスとは?意味や違いを解説

この記事では、オブジェクト指向プログラミングの概要について解説します。

クラスとは

オブジェクト指向プログラミングにおけるクラス (class)とは、オブジェクトの設計図です。
オブジェクトがどのようなデータや操作(手続き)の集まりかを決める雛形(テンプレート)ともいえます。
オブジェクトを作る際には、必ずクラス(設計図)を定義する必要があります。

インスタンスとは

インスタンス(Instance)とは、実体という意味です。
クラス(設計図)を元にして実際に作った物がインスタンス(実体)です。

オブジェクト・クラス・インスタンスの違い

オブジェクトは物、クラスはオブジェクトの設計図、インスタンスはオブジェクトの実体です。
車で例えると以下のようになります。

オブジェクト・・・車
クラス・・・車の設計図(どのようなパーツで構成されてどのように動くか記述されている)
インスタンス・・・完成車(設計図を元に実際に作って完成した車)

シェア&フォローお願いします!