【Git用語集】リポジトリ、クローン、コミット、ブランチ等の意味

Gitの基本用語である「リポジトリ」「クローン」「ブランチ」等の意味についてまとめました。

リポジトリの種類

Gitでは、データを「リポジトリ」という単位で管理します。

リポジトリの種類 説明
リポジトリ(repository) データを保存・管理する場所。
リモートリポジトリ(remote repository) サーバ上にあるリポジトリ(データを保存する場所)。オンラインで他の人と共有可能。
ローカルリポジトリ(local repository) ローカル(パソコン内)に保存されているリポジトリ(データを保存する場所)。

リポジトリの操作法

Gitでは、リポジトリの主な操作方法として次のようなものがあります。

リポジトリの操作法 説明
コミット(commit) データを修正し、その結果をローカルリポジトリに適用。
プッシュ(push) ローカルリポジトリのデータを修正し、その結果をリモートリポジトリに適用。
プル(pull) リモートリポジトリのデータを修正し、その結果をローカルリポジトリに適用。
ブランチ(branch) 修正作業の流れを主流から枝状に分岐させて管理。(ブランチにおける修正は他のブランチの影響を受けない。そのため、同じリポジトリで同時に複数の開発が可能)
クローン(clone) リモートリポジトリをコピーし、新たなリモートリポジトリを作成。
チェックアウト(checkout) 他のブランチへ移動し、作業ディレクトリを任意のコミット状態にすること。
マージ(merge) 異なるブランチの修正結果を適用。(マージ先とマージ元の両方に変更履歴が有る)
関連記事
1 【Git/Github入門】基本的な使い方・コマンド集
関連記事