構造化プログラミングとは?(順次・反復・選択構造)

この記事では、構造化プログラミング(順次・反復・選択構造)の基本と用語、使い方について解説します。

構造化プログラミングとは

構造化プログラミングとは、プログラムを書く時の基本的な技法の1つです。
構造化プログラミングでは、標準的な制御構造のみを用いて、プログラム全体を段階的に分割して処理を書きます。
それにより「読みやすい」「理解しやすい」「修正しやすい」プログラムを作ることが出来ます。

標準的な制御構造

標準的な制御構造は、主に「順次構造」「反復構造」「選択構造」があります。

種類 説明
順次構造 処理が上から下へ順に実行されていく構造のことです。
反復構造 同じ処理を繰り返し行うプログラム構造のことです。
別名、ループ構造ともいいます。
(for、while、do while など)
選択構造 指定した条件により、2つ以上の処理のうち、1つを選択するプログラム構造のことです。
別名、分岐構造ともいいます。
(if、else if、switch文など)

制御構造の用語

制御構造の基本的な用語は下記の通りです。

擁護 説明
反復 同じ処理を何度も繰り返すことです。
(別名:ループ)
初期化 反復前に変数の初期値を設定することです。
再初期化 i+1→iのように次のデータへ切替することです。
(カウント)
条件 選択や終了の基準のことです。
終了判定 反復を終了する条件を満たしたか否かの判定のことです。
(同じ処理を、引き続いて繰り返すか辞めるかの決定に使う)
条件・基準を満たしていると判定することです。
条件・基準を満たしていないと判定することです。
論理値 真・偽のことです。
関連記事