【Python/OpenCV】Webカメラの映像を動画ファイルに録画

この記事では、Python版OpenCVでWebカメラの映像を動画ファイルに録画する方法をソースコード付きで解説します。

Webカメラの映像を動画ファイルに録画

Python版OpenCVのVideoWriterメソッドでWebカメラの映像を動画ファイルに録画します。

ソースコード(Python3+OpenCV3)

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import cv2

cap = cv2.VideoCapture(0)
fps = 30

# 録画する動画のフレームサイズ(webカメラと同じにする)
size = (640, 480)

# 出力する動画ファイルの設定
fourcc = cv2.VideoWriter_fourcc(*'XVID')
video = cv2.VideoWriter('output.avi', fourcc, fps, size)

while (cap.isOpened()):
    ret, frame = cap.read()
    
    # 画面表示
    cv2.imshow('frame', frame)
 
    # 書き込み
    video.write(frame)
            
    # キー入力待機
    if cv2.waitKey(1) & 0xFF == ord('q'):
        break

# 終了処理
cap.release()
video.release()
cv2.destroyAllWindows()
関連記事
1 PythonでOpenCV入門 サンプル集
2 【Python】画像処理プログラミング入門
3 【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
関連記事