【Python/Selenium】ページのスクリプトが実行完了するまで待機

Python用モジュール「Selenium」でページのスクリプトが実行完了するまで待機する方法についてソースコード付きでまとめました。

ページのスクリプトが実行完了するまで待機

Python用モジュール「Selenium」を用いて、ページのスクリプトが実行完了するまで待機してみます。

サンプルコード(Python3)

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding:utf-8 -*-
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.by import By
from selenium.webdriver.support.ui import WebDriverWait
from selenium.webdriver.support import expected_conditions as EC

url 'https://www.yahoo.co.jp/'

delay_time = 5

driver.get(url)

expected_element = expected_conditions.presence_of_element_located((By.ID, "myElement"))

element = WebDriverWait(driver, delay_time).until(expected_element)

上記のプログラムでは、操作対象のID(myElement)が見つかるまで待機し続けることができます。
待機時間の最大は10秒です。

最近はスクリプトの実行が完了するまで要素が表示されないページが多いです。
そういったページを自動で操作する場合によく使います。

関連記事
1 【Python/Selenium】ブラウザ操作入門【Python】Webスクレイピング入門Python入門 基本文法【Python】ネットワークプログラミング入門
Python
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました