【Python】セット型(set)の使い方

Pythonでセット型(set)を扱う方法についてソースコード付きでまとめました。

セット型(set)とは

セット型(set)とは、Pythonで集合を扱うための型です。

セット型の特徴
1 値が重複した要素をもたない
2 要素に順番がない

セット型の定義

セット型変数はset関数にリストを入れて定義します。

s1 = set([1, 2, 3, 4, 5])
s2 = set([1, 2, 3, 4, 5, 1, 2, 3, 4, 5,])

print(s1) # {1, 2, 3, 4, 5}
print(s2) # {1, 2, 3, 4, 5}

サンプルを見てもわかるとおり、セット型は集合のため重複する要素は削除されます。

要素の追加(addメソッド)

set型で要素を追加するには、addメソッドを使います。

以下のサンプルコードをご覧ください。

s1 = set([1, 2, 3, 4, 5])

s1.add(6)

print(s1) # {1, 2, 3, 4, 5, 6}

要素の削除(removeメソッド)

set型で要素を削除するには、removeメソッドを使います。

以下のサンプルコードをご覧ください。

s1 = set([1, 2, 3, 4, 5, 6])

s1.remove(6)

print(s1) # {1, 2, 3, 4, 5}
関連記事
1 【Python/OpenAI Gym】強化学習入門
2 Python入門 基本文法
関連記事