【UNIXコマンド】cpでファイルとディレクトリーのコピー

UNIXコマンド「cp」でファイルとディレクトリーをコピーする方法についてまとめました。

ファイルとディレクトリーのコピー

cpコマンドは、ファイルやディレクトリーをコピーできます。

cp [オプション] コピー元 コピー先
オプション 説明
-a 元のファイルの属性とディレクトリ構成を可能な限り保持
-b 上書きされるファイルのバックアップを作成
-f コピー先に同じ名前のファイルがあれば、確認なしで上書き
-i 上書きされるファイルがあれば、その可否を確認
-l コピーのかわりにハード・リンクを作成(ディレクトリは除外)
-p 元のファイルの属性(タイムスタンプ等)を可能な限り保持
※ファイルの元情報(パーミッション、タイムスタンプやオーナーなど)を保持したままコピーすることが可能
-r ディレクトリを中身ごとコピー
-s コピーするかわりにシンボリック・リンクを作成
-u 同名のファイルが存在する場合、コピー先のタイムスタンプが同じか新しいときはコピーしない
-v コピーの経過状況を表示
コピー元 コピーするファイルまたはディレクトリを指定
コピー先 コピー先のファイル名またはディレクトリを指定

実行例

コマンドの実行例です。

copy file1.txt file2.txt

file1.txtをコピーし、file2.txtに保存します。

関連記事
1 【UNIX入門】コマンド・サンプル集
関連記事