【パーミッションとは】アクセス権限の種類・設定値の意味

パーミッションとは?アクセス権限の種類・設定値の意味などについてまとめました。

【はじめに】パーミッションとは

パーミッションとは、Unixで扱われるファイルやディレクトリのアクセス権の設定です。
ファイルやディレクトリは扱う所有者、グループ、その他の3種類毎に、「実行」「書き込み」「読み込み」ができるかという3種類のアクセス権限を設定できます。

【パーミッション】3種類の権限

3種類の権限は、それぞれに1ビットを使って許可、不許可を設定します。

10進数 2進数 記号 権限
0 000 「読込み」「書込み」「実行」すべて不可。
1 001 –x 「実行」のみ可。
2 010 -w- 「書込み」のみ可。
3 011 -wx 「書込み」「実行」のみ可。
4 100 r– 「読込み」のみ可。
5 101 r-x 「読込み」「実行」のみ可。
6 110 rw- 「読込み」「書込み」のみ可。
7 111 rwx 「読込み」「書込み」「実行」すべて可。

2進数の0が許可しない、1が許可することを示しています。
3bitのうち、左から順に読み込み(r)、書き込み(w)、実行(x)となります。

【アクセス権限】設定値

アクセス権限毎の設定値は所有者、グループ、その他の順にそれぞれ0から7の整数で表わさます。
例えばあるファイルに「755」と設定したとき、そのファイルのアクセス権限は以下のようになります。

権限の区分 設定値 アクセス権限
所有者権限 7 「読込み」「書込み」「実行」すべて可。
グループ権限 5 「読込み」「実行」のみ可。
その他のユーザーの権限 5 「読込み」「実行」のみ可。

UNIX系OSでは、chmodというコマンドでファイルやディレクトリのパーミッションを変更できます。

詳細
1 【UNIXコマンド】chmodでアクセス権限(パーミッション)を変更
おすすめ記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【OR・IEとは】線形計画法、ゲーム理論、品質管理手法など
関連記事