【リチウムイオン電池】特徴・原理・仕組み

リチウムイオン電池の基本的な仕組みについてまとめました。

【リチウムイオン電池とは】特徴


リチウムイオン電池(Lthium-ion Battery)とは、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで「充電」「放電」を行う二次電池です。
リチウムイオン電池に使用される「正極」「負極」「電解質」の材料はメーカーや用途によって異なります。

特徴 概要
高電圧 ●電池1個の電圧が平均3.7Vある(公称電圧3.7V)。
※ニッカド電池やニッケル水素電池は1.2Vなので、約3倍の電圧が同じ本数から得られる。
※出力最大電圧は約4.2V(Co系とMn系でわずかに差はある。また、リン酸鉄系は約3.6V程度と低いが、他系と比べて3~4倍以上のサイクル寿命を持つ)
エネルギー密度が高い ●重量エネルギー密度は155Wh/kg、体積エネルギー密度は400Wh/lある。
●重量エネルギー密度はニッカド電池やニッケル水素電池の3倍、体積エネルギー密度は2倍あり、またリチウム(Li)は水素(H)、ヘリウム(He)に次いで非常に軽い元素なため、他の電池より軽量となる(単位質量あたりの容量[Wh/kg]が高い)。
●<特に正極に酸化リチウム、負極にカーボンを用いたリチウムイオン二次電池は非常に軽い。
メモリー効果がない ●浅い充放電を繰り返すと容量が減少してしまうメモリー効果が無いので、継ぎ足し充電が可能。(ニッカド電池やニッケル水素電池はメモリー効果がある)
正極材 ●酸化リチウム
※「コバルト酸リチウム(LiCoO2)」「マンガン酸リチウム(LiMn2O4)」「ニッケル酸リチウム(LiNiO2)」「リン酸鉄リチウム(LiFePO4)」等が用いられる。
負極 ●黒鉛(グラファイト)など
電解質 液状またはゲル状のリチウム塩の有機電解質
燃焼性 ●リチウムは非常に活性な金属なため、水と激しく反応して燃える
●電解液は有機溶媒なので、容易に燃焼
※他の2次電池よりも過充電や衝撃で発火、燃焼する可能性が高い
●リチウムを保管する際は油やナフサ、アルゴンなどの中で保管
有毒性 ●リチウムは強い腐食性・炎症性をもつ激毒物

【安全機能】セル単位、モジュール単位、システム単位

リチウムイオン電池は他の二次電池と比較しても危険性が高いため、様々な安全機構が備わっている。

種別 役割 特徴
PTC 過電流防止 ●(Positive Temperature Coefficientの略
●円筒型セルの頭部にある。
CID 破裂防止 ●Current Interrupt Device(ディスコネクト素子)の略
●セル内部の圧力が上昇した時に、機械的に電流経路を遮断
セパレータメルトダウン 熱暴走防止 ●セル温度が上昇した場合、セパレータが溶け、セパレータがイオンを通過させていた穴が閉じることで電流を遮断

【原理】

用語 概要
イオン 電子の過剰もしくは不足により電荷を帯びた原子。
リチウムイオン(Li+) リチウム原子(Li)が電子(e-)を放出(酸化)してプラスの電荷を帯びた陽イオン。また、リチウムはすべての元素の中で最もイオン化しやすい(イオン化傾向が強い)元素。
充放電 リチウムイオンが電解質を通して正極と負極を行き来するとき、正極と負極の間には電子の流れ(電流)が発生するため、電池の充電・放電が可能となる。
充電 リチウムイオン電池を充電すると、正極から負極に電子が移動し、リチウムイオンが正極から電解質をとおって負極に溜め込まれ、正極と負極の間に電位差が発生します。また、リチウムイオン電池は正極・負が層状となっており、その層内部にリチウムイオンをためることができます。
関連記事
1 電気・電子回路入門
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました