【M5Stack】CommuモジュールでRS485通信

M5Stack(Arduino)とCommuモジュールでRS485通信する方法について紹介します。

【RS485通信】送受信のサンプルコード

RS485通信は、以下の特徴をもつシリアル通信です。

特徴
1 差動信号(ツイストペア線)のためノイズに強く、長距離伝送が可能(規格上の最大通信距離は1.2km)
2 RS-232より振幅電圧が低い(±2~5V)ため、電圧変化に時間がかからず高速に通信可能(規格上の伝送速度は最大10Mbps程度)
参考 https://github.com/m5stack/M5-ProductExampleCodes/tree/master/Module/COMMU/Arduino/RS485
原理 RS-232C、RS-485の違い・特徴、ケーブルの種類
機材名 数量
M5Stack Gray(約4500円) 2
Commuモジュール(約1500円) 2

■commu_rs485_1.ino

■commu_rs485_2.ino

サンプルプログラム一式はこちら
1 https://github.com/nishizumi-lab/sample/tree/master/m5stack/commu

実行結果

関連記事
1 【M5Stack入門】できること・使い方
2 M5Core クイックスタート – Arduino Win
M5Stack
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました