【M5Stack入門】できること・使い方

M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

【M5Stackとは】特徴、できること、環境構築

M5Stack(エムファイブ・スタック)は、Arduinoコンパチブルな四角いモジュールです。Arduinoと比べて最初から様々な機器が搭載されており、より初心者向けで扱いやすいです。

特徴

M5Stackの特徴
ESP32(Wi-Fi、Bluetooth通信可能)、microSDカードスロット、ボタン、USB、Groveのコネクタ、カラーLCDディスプレイ、バッテリー電源が約5cm四方のケースに詰め込まれている。
Arduinoのシールドのように、センサー等の載った拡張基板をメインモジュール(CORE)に積み重ね可能。
Arduino IDE、ESP-IDF、MicroPythonなど開発環境がいくつかある。(おすすめはArduino IDE)
Arduinoと同様、温湿度などのセンサーによる測定やモーター制御などハードウェア制御が可能。

M5Stackにはいくつか種類があり、その違いは以下のとおりです。

種類 Basic Gray Fire
価格 3600円前後 4300円前後 6400円前後
サイズ 54×54×12.5mm 同左 同左
CPU ESP32 240MHz デュアルコア 同左 同左
フラッシュメモリ 4MB 4MB 16MB
PSRAM なし なし 4MB
LCD 320×240px カラーTFT 同左 同左
インターフェース USB Type-C, GROVE (I2C)、microSD スロット、I/O PORT、BUSPORT 同左 USB Type-C、GROVE (I2C,I/O,UART)、microSD スロット、LED BAR
内蔵センサ なし 9軸(加速度,ジャイロ,磁気)センサ 同左
無線通信 Wi-Fi、Bluetooth 同左 同左
バッテリ 150mAh 150mAh 550mAh
ボタン ボタン×3 + 電源ボタン 同左 同左
内蔵スピーカ 1W 同左 同左

Grayの中身

他にも、よりコンパクトなスティック型になったM5Stickシリーズ(M5StickC、M5StickV)もあります。
筆者はこの中で最もバランスの良さそうなGrayを2台購入しました。

中を開けて、追加モジュールを間に挟み、スタックしていくことで簡単に機能を増やすことも可能です。
(下画像ではインターフェースにCANとRS485を追加できるCOMMUモジュールを追加しています)

インターフェースのGROVE (I2C,I/O,UART)コネクタに対応しているセンサならば、簡単に接続できます。
下画像はスイッチサイエンスより450円で入手したM5Stack用環境センサユニットで、温度・湿度・大気圧を測定できる優れものです。
内蔵バッテリーの充電とプログラムの書き込みはUSB-TypeCから行います。

開発環境構築

特徴③にあるとおり、M5Stackは開発環境がいくつかあります。それぞれの環境構築方法については下記事でそれぞれ紹介しています。(ESP32初心者の方はArduino IDEがおすすめ

【M5Stack】Arduino IDEで開発環境構築
M5Stackの開発環境をArduino IDEで構築する方法について入門者向けに紹介します。

動画解説

動画でもM5Stackの使い方を紹介しています。

Youtube版:M5Stack超入門編

【センシング】環境測定

記事リンク 概要
温湿度・大気圧の測定 M5StackとBMP280ユニットで温度・湿度・気圧測定を行います。
傾きの測定 M5Stack Gray内蔵の9軸センサー(MPU9250)でロール・ピッチ・ヨー角(傾き)を測定します。

【通信】CAN通信、RS485通信、無線通信(wifi)

記事リンク 概要
CAN通信 M5StackとCommuモジュールでCAN通信します。
RS485通信
wifi接続/簡易サーバー化 M5Stackをwifiに接続して無線通信したり、簡易サーバー化します。
超小型百葉箱 超小型百葉箱を作って無線LANに接続し、グローバルネットからスマホ端末などでモニタしてみます。

【SDカード】データの保存、読み込み

関連記事
関連商品 せんごくネット通販
1 【Python入門】サンプル集・使い方
M5Stack
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました