【M5Stack入門】できること・使い方

M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

【M5Stackとは】特徴、できること、環境構築

M5Stackは、Arduinoコンパチブルな四角いモジュールです。Arduinoと比べて最初から様々な機器が搭載されており、より初心者向けで扱いやすいです。

M5Stackの特徴
ESP32(Wi-Fi、Bluetooth通信可能)、microSDカードスロット、ボタン、USB、Groveのコネクタ、カラーLCDディスプレイ、バッテリー電源が約5cm四方のケースに詰め込まれている。
Arduinoのシールドのように、センサー等の載った拡張基板をメインモジュール(CORE)に積み重ね可能。
Arduino IDE、ESP-IDF、MicroPythonなど開発環境がいくつかある。(おすすめはArduino IDE)
Arduinoと同様、温湿度などのセンサーによる測定やモーター制御などハードウェア制御が可能。

開発環境構築

特徴③にあるとおり、M5Stackは開発環境がいくつかあります。それぞれの環境構築方法については下記事でそれぞれ紹介しています。(ESP32初心者の方はArduino IDEがおすすめ

詳細記事
①Arduino IDE 【M5Stack】Arduino IDEで開発環境構築
②ESP-IDF 準備中
③MicroPython 準備中

動画解説版

動画でもM5Stackの使い方を紹介しています。

Youtube版:M5Stack超入門編

【センシング】環境測定

詳細記事
1 BMP280ユニットで温度・湿度・気圧測定
2 9軸センサー(MPU9250)でロール・ピッチ・ヨー角(傾き)を測定
関連記事
1 【Python入門】サンプル集・使い方
関連記事