【M5Stack入門】できること・使い方

M5Stackできること・使い方について入門者向けに紹介します。

【M5Stackとは】特徴、できること、環境構築

M5Stack(エムファイブ・スタック)は、Arduinoコンパチブルな四角いモジュールです。Arduinoと比べて最初から様々な機器が搭載されており、より初心者向けで扱いやすいです。

特徴

M5Stackの特徴
ESP32(Wi-Fi、Bluetooth通信可能)、microSDカードスロット、ボタン、USB、Groveのコネクタ、カラーLCDディスプレイ、バッテリー電源が約5cm四方のケースに詰め込まれている。
Arduinoのシールドのように、センサー等の載った拡張基板をメインモジュール(CORE)に積み重ね可能。
Arduino IDE、ESP-IDF、MicroPythonなど開発環境がいくつかある。(おすすめはArduino IDE)
Arduinoと同様、温湿度などのセンサーによる測定やモーター制御などハードウェア制御が可能。

M5Stackにはいくつか種類があります。
その違いなど詳細は以下記事で解説しています。

【M5Stackとは】特徴、できること
M5Stackとは?特徴、できること、環境構築について紹介します。

開発環境構築

特徴③にあるとおり、M5Stackは開発環境がいくつかあります。それぞれの環境構築方法については下記事でそれぞれ紹介しています。(ESP32初心者の方はArduino IDEがおすすめ)

【M5Stack】Arduino IDEで開発環境構築
M5Stackの開発環境をArduino IDEで構築する方法について入門者向けに紹介します。

【基本】ボタン処理

記事リンク 概要
ボタン処理 A-Cの3つのボタンの使い方を解説します.
リレー操作 リレーユニットを使って電源をON・OFFします.

【測定】温湿度気圧, 傾き

記事リンク 概要
電圧測定 アナログ入力ピン(35,36番)を使って,0-3.3Vの電圧を測定します.分圧抵抗を使えばそれ以上の範囲でも測定できます.
温湿度・大気圧の測定 M5StackとBMP280ユニットで温度・湿度・気圧測定を行います。
傾きの測定 M5Stack Gray内蔵の9軸センサー(MPU9250)でロール・ピッチ・ヨー角(傾き)を測定します。

【通信】CAN通信、RS485通信、無線通信(wifi)

記事リンク 概要
CAN通信 M5StackとCommuモジュールでCAN通信します。
RS485通信
Modbus
wifi接続/簡易サーバー化 M5Stackをwifiに接続して無線通信したり、簡易サーバー化します。
超小型百葉箱 超小型百葉箱を作って無線LANに接続し、グローバルネットからスマホ端末などでモニタしてみます。

【SDカード】データの保存、読み込み

【その他】M5Stick C

項目 概要
M5StickC M5Stick Cの使い方についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました