【構造力学】弾性変形、塑性変形、永久変形の違いとフックの法則

構造力学における弾性変形、塑性変形、永久変形の違いとフックの法則について紹介します。

【変形の種類】弾性変形、塑性変形、永久変形の違い

構造物を設計する際には、外力に対して部材が弾性体に近い状態で使用するように設計し、永久変形を起こさないようにすることが重要となります。
なお、弾性変形、塑性変形、永久変形の違いは以下のとおりです。

種別 概要
弾性変形 外力により変形し、外力を取り除くと元に戻る
塑性変形 外力により自由に変形し、外力を除去しても元に戻らない
永久変形 変形が小さいうちは弾性変形だが、変形が大きくなると塑性変形となる元の状態に戻らない

【フックの法則】

【構造力学】基礎入門、計算式の解説、例題集
構造力学の基礎、計算式、例題集について入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました