【エネルギー保存の法則とは】位置エネルギー、運動エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギー

エネルギー保存の法則について紹介します。

スポンサーリンク

【エネルギー保存の法則】

エネルギーとは、仕事をする能力のことで、位置エネルギー、運動エネルギー、熱エネルギー、電気エネルギーなど様々な種類があります。
種類が異なっても、互いに変換することが可能です。

エネルギー変換前後のエネルギーの総和は等しくなることを「エネルギー保存の法則」といいます。
実際はエネルギー変換の過程でエネルギーロスが発生します。

スポンサーリンク

【例】ボールが斜面を転がるとき

高さh[m]の位置から m[kg]のボールを転がす場合、高さh[m]の位置では、ボールに重力が加わっているため、重力によって仕事をすることができるエネルギーである「位置エネルギーU」が存在します。

(1)   \begin{eqnarray*} U=mgh \end{eqnarray*}

となります。

次に、高さh[m]から0[m]まで転がり降りたあと、水平面上に向かって速度v[m/s]転がり続けて運動したとします。
このとき運動エネルギーWは以下のようになります。

(2)   \begin{eqnarray*} W=\frac{1}{2}mv^2 \end{eqnarray*}

これをエネルギー保存の法則で考えると、ボールが高さh[m]にある時点では速度v=0なので、ボールが持っていた位置エネルギーは、0[m]まで転がり降りたときにすべて運動エネルギーに変換されたことになります。

(3)   \begin{eqnarray*} W=U \end{eqnarray*}

現実にはボールが転がると斜面と床との間で摩擦が発生するため、そこで摩擦熱エネルギー等にも変換されていきます。
そのため、床で転がり続けることはなく徐々に速度vが低下していき最後には0となって静止します。

スポンサーリンク

【例】運動エネルギー → 電気エネルギー + 熱エネルギーなど(ロス分)

【例】
手回し発電機・・・人が手でレバーを回したときの運動エネルギーを電気エネルギーに変換して発電しています。

このとき「エネルギー保存の法則」で考えるとエネルギー量の関係は以下のようになります。

(運動エネルギーの合計) = (電気エネルギーの合計) + (熱エネルギーなどロス分の合計)

※手回し発電機では、実際には発電機内部で運動エネルギーの一部が摩擦熱などにより熱エネルギーにも変換されてしまいます

【電験3種】機械分野の頻出項目、攻略法、例題
電験3種における機械分野(電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの)のポイントをまとめました。
【構造力学】基礎入門、計算式の解説、例題集
構造力学の基礎、計算式、例題集について入門者向けにまとめました。
材料・機械
スポンサーリンク
西住工房

コメント