【git】Githubリポジトリにファイルをアップロード

git bashコマンドで、Githubリポジトリにファイルをアップロードする方法についてまとめました。

【push】Githubリポジトリにアップロード

① 認証エージェント(ssh-agent) に、秘密鍵を追加します。

eval `ssh-agent`
ssh-add [秘密鍵ファイルのパス]
詳細
1 【git】エラー「Permission denied (publickey)」の対処方法

② ターミナルでアップロードしたいファイルの場所へ移動します。
※ ドラッグ&ドロップ可能

$ cd [アップロードするファイルのパス]

③ ファイル内をgitで管理可能にします。

$ git init

③ アップロードしたいファイルを追加します。

$ git add 「アップロードしたいファイルのパス」

④ 変更の記録(コメント)をつけてcommitします。

$ git commit -m [任意のコメント]

⑤ アップロード先を指定します。

$ git remote add origin [アップロード先]

⑥ pushしてアップロードします。

$ git push -u origin master

⑦ 「Everything up-to-date」と表示されても、githubのcommitを確認すると、変更されていないことがあります。
その場合は、以下のコマンドを実行します。

$ git push ssh://git@github.com/◯◯◯.git master:master
関連記事
1 【git入門】Githubの使い方(Windows編)
2 【Git/Github入門】基本的な使い方・コマンド集
関連記事