【マーケティング】理論、手法、分析など

マーケティングとは?理論、手法、分析などについてまとめました。

【マーケティング理論】

【マーケティング手法】

【マーケティング分析】

プロダクトライフサイクルは
①導入期 「製品認知度の向上」を重視。またまだ需要は限定的で、新規需要開拓が勝負となる。特定ターゲットに対する信念に満ちた説得が必要となる。
②成長期 「競合他社との差別化」を重視。この時期は売上も伸びるが、市場が商品の価値を理解し始め、商品ラインもチャネルも拡大していくことになるため、投資が必要となる。
③成熟期 「製品の改良・多様化」を重視。需要が大きくなり、製品の差別化や市場の細分化が明確になってくる。競争者間の競争も激化するため、新品種の追加やコストダウンが重要となる。
④衰退期 「撤退時期の判断」を重視。需要が減って撤退する企業も出てくる。この時期の勝ち組になれるかどうかを判断して代替市場への進出なども検討する。

【ライフタイムバリュー(LTV)】

【消費者】

【行動モデル】

【広告戦略】

【ブランド戦略】

手法 概要
CSR報告書 別名「持続可能性報告書」。CSR(企業の社会的責任)の考え方に基づいて行う社会的な取り組みをまとめた報告書です。環境、労働、安全衛生、社会貢献などに関する情報や、事業活動に伴う環境負荷などを幅広く公開します。企業価値の向上などの視点から注目され、CSR報告書を発行する企業が増えています。

【価格戦略】

手法 概要
スキミングプライス戦略 新商品に高い価格を設定して早い段階で利益を回収する戦略。
キャプティブ価格戦略 商品本体の価格を安く設定し,関連消耗品の販売で利益を得る戦略。
プライスライニング戦略 消費者が選択しやすいように,複数の価格帯に分けて商品を用意する戦略。2つの価格帯だけ用意する場合は「ハイロープライシング」、3つの価格帯を用意する場合は「松竹梅戦略」とも呼ばれる。

【その他】ロジカルシンキング

手法 概要
ロジカルシンキング 物事を結論と根拠に分け、その論理的なつながりを捉えながら物事を理解する思考方法です。
【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
情報処理の基礎知識(テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系)や資格試験についてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました