【法律用語】役所手続きにおける「届出・登録・許可」の違いについて

役所手続きにおける「届出・登録・許可」の違いについてまとめました。

【役所】「届出・登録・許可」の違い

役所での手続きをするために、法律をみると「届出」「登録」「許可」という違いがあることがわかります。
これは、「役所の審査や確認の厳しさ」に違いがあります。
結論からいうと、許可、登録、届出の順に手続きの過程が厳しくなります。

種別 概要
届出 必要事項を記載した書類を提出することで手続きが完了となる。
登録 必要事項を記載した書類を提出し、その内容を役所が帳簿に記録することで、手続きが完了となります。
許可 必要事項を記載した書類を提出し、その申請内容を役所が審査して認めたとき、手続きが完了となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました