【ABC分析とは】在庫管理、パレート図、エクセルのテンプレート

ABC分析とは?在庫管理、パレート図、エクセルのテンプレートなどについてまとめました。

【はじめに】ABC分析とは

ABC分析とは、重要度や優先度の高い要素・項目を明らかにするために行われる分析手法です。
パレート図を使って分析する要素・項目群を大きい順に並べて、重要度をA、B、Cの3つのグループに分けることで、重点的に管理すべきグループが明らかになります。

グループ 概要
Aグループ パレート図で上位70%を占める要素群
Bグループ パレート図で上位70%~90%を占める要素群
Cグループ A、B以外の要素群

■ABC分析の例(10製品の売上高からA、B、Cにグルーピング)

■パレート図の例

【ABC分析】在庫管理への使い方

全体の売上に大きく影響するAグループの商品は、在庫管理を重点的に行い、品切れを起こさないようにします。
逆に、売上への貢献度が低いCグループの商品は、優先的に在庫管理に力は入れず、仕入れ数を減らすなどの調整を検討します。

種別 在庫管理方法
Aグループの商品 重点管理品目 → 定期発注方式(頻繁に発注)
Bグループの商品 準重点管理品目 → 定量発注方式
Cグループの商品 非重点管理品目 → 都度発注方式、ダブルビン発注方式
注意項目 概要
一過性の商品 ただし、Aグループの商品に一過性の商品(一時的に大きく売上が伸びているもの)が紛れてないか過去の売上も確認して注意する必要があります。一過性の商品に気づかないままだと、在庫過多になりやすいためです。
商品同士の関連性 AグループとCグループに含まれるある商品の関連性が高い場合、Cグループの商品の在庫が無いと、Aの売り上げに悪影響を及ぼす可能性があります。このように商品ごとに関連性がある場合は、グループA、B、Cのランクだけで在庫調整を判断するのは難しくなります。

【Excel】エクセルのテンプレート

A、B、C分析のExcelテンプレートは以下のリンクからダウンロードできます。
(冒頭の10製品の売上高を例にしたものです)

ダウンロード:abc.xlsx

Excelで分析するときの操作例
エクセル表に製品名と金額を書き込む
指標となる数値(売上高など)をフィルタで大きい順に並び替える
合計を求める
最大値を起点として累積値を求める
合計に締める累積値の割合を百分率で求める
並び替えた数値、累積値、百分率の値を元にパレート図を作成する
おすすめ記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【OR・IEとは】線形計画法、ゲーム理論、品質管理手法など
関連記事